HOME | 製品一覧 | DSP-J プレスブレーキ用安全装置

プレスブレーキ用安全装置 DSP-J

 
厚生労働省 検定番号 第TA501号
4つの受光ポイントで防護ゾーン(領域)をつくり、作業者の手、指を守ります。
★労働安全衛生規則第131条改正 
既存のプレスブレーキに安全装置を取付けることが義務付けられました。

DSP-Jシリーズの特長 

 
 
 
特徴
■作業に応じ、2モードを使い分けられます 
  1.前面・中央ゾーン全使用モード(Mode1)  
    2.前面ゾーン解除モード(Mode2)  
 (箱曲げ・小物曲げ時に使用)
■金型交換も簡単です
■微速無効・上昇無効

DSP-Jの概要

 

レーザー光と4つの受光ポイントが防護ゾーン(領域)をつくり、作業者の手、指を守ります。

 
 

投光器から照射されたレーザー光が、受光器のレーザー受光ポイントに届き、前面検出ゾーン、中央検出ゾーンの防護領域を作りだします。これら二つの検出領域により、作業者の指を守ります。

 

操作ボックス上の二つの運転モード1,2を選択することにより、加工作業をスムーズに行えます。 高速閉じ動作時、中央検出ゾーンを遮光するとプレスブレーキは停止します。
上型先端部が無効開始位置を過ぎるとスライドの速度が10mm/s以下になり、安全が確保されるのでレーザー光は無効になります。
 
 


安全な停止に必要な距離

 急停止に必要な距離は、そのプレスの持つ急停止距離に5mmプラスした距離が必要となります。
 
安全な停止に必要な距離=急停止距離(慣性下降値)+5mm
 
 *急停止距離はそのプレスの停止性能によります。
 

作業に応じた2つの運転モード

 
Mode1

運転モード1:
前面・中央ゾーン全使用モード
(すべての検出ゾーンが有効)
通常の曲げ加工では、ツールの高速閉じ動作の段階で、検出ゾーン全体が有効になります。
 

Mode2

運転モード2:
前面検出ゾーン解除モード
(箱曲げなどに有効です。受光器の無効表示灯(黄色)が点灯します。)
材料が、その形状により前面検出ゾーンの検出領域に入り、光線を遮光してしまうような場合に、有効です。

 

金型交換も簡単!

 

取付金具のレバーを緩めると、センサーがスムーズ に上下します。
 

また、投光器から照射されるレーザー光は線ではなく太い面上の光のため、光軸合わせも簡単に行えます
 
 


受光器を下げながら受光部にレーザー光を合わせるだけです。
 
 
 

仕 様

■電源仕様
 電源:AC100 または200V,  周波数:50/60Hz 
■レーザー仕様
 レーザー光源:650nm 有効距離:15m 
 応答時間: 5ms レーザークラス:1M
■出力
 リレーA接点出力×2ch
 総合遅動時間:15ms以下
■外寸仕様
 筐体: 投光器TX,受光器RX : IP65 
 動作温度 : 0~50℃
 材質:アルミニウムポリカーボネート、
 ファイバーグラス
 寸法/重量 投光器TX:194×85×128mm /1300g
 受光器RX:194×82×128mm /1340g
 制御ユニットAL2:87×90×58mm/490g

寸法

製品一覧 ▼

安全装置

光線式安全装置

エリアセンサー

その他の式安全装置

安全保護具

その他安全具・部品

安全支援業務

プレス周辺装置

荷重計

受注商品

旧製品