企業情報

会社沿革
 
昭和24(1949)年4月 創業者小森武彦、小森プレス製作所店主となり、金属製品製造業を営む
昭和26(1951)年8月 プレス作業の安全化を痛感し安全装置発明考案の為、小森安全磯研究所創設。
昭和27(1952)年

小森プレス安全装置第1号機完成。労働省認定第3006号を取得

昭和30(1955)年4月21日 法人組織に改組、小森武彦代表取締役に就任。
昭和31(1956)年7月 小森武彦、労働大臣より善行賞受賞。
昭和35(1960)年 小型プレスの製造を始める。ダイヤルプレス完成
昭和37(1962)年 指塚建立
昭和38(1963)年 自動切断安全装置を発明考案。ダイヤルフィーダー完成
昭和45(1970)年12月 資本金1000万円にて株式会社小森安全機研究所発足。
昭和49(1974)年 資本金1400万円に増資。
昭和54(1979)年7月 動力プレス機械特定自主検査労働大臣登録労-26号取得
昭和55(1980)年 小森武彦 中央労働災害防止協会より顕功賞受賞
昭和56(1981)年 小森武彦 労働大臣より善行賞受賞
昭和58(1983)年 小森武彦 安全功労者内閣総理大臣賞受賞
昭和60(1985)年 アメリカ・トレド社と技術提携小森武彦 藍綬褒章受賞
平成3(1991)年 資本金1500万円に増資。
平成5(1993)年 ドイツ・ジック社と業務提携。
平成9(1997)年 2代目代表取締役に小森雅裕就任。
平成10(1998)年 業界初のPSDI検定取得 社内LANシステム構築。
平成11(1999)年 小森雅裕 東京労働基準局長より功労賞受賞
平成12(2000)年 埼玉県越谷市に本社移転

平成13(2001)年

 

サーボプレスの開発、クランンクプレス改造技術に対しあさひ財団から

中小企業優秀新技術賞受賞

平成17(2005年)年 創業者 小森武彦会長 永眠 小森雅裕 中央労働災害防止協会より 緑十字賞受賞
平成18(2006)年4月 代表取締役に小森明彦就任
平成19(2007)年11月 SO9001:2000認証 本社取得
平成20(2008)年7月 小森雅裕、厚生労働省より功積賞
平成21(2009)年11月 イタリア ノバ社、リア社と技術提携
平成23(2011)年9月 ドイツ シュメアザール社の総代理店として販売業務開始

「指塚とは・・・・」

昭和37年1月 創業者 小森 武彦がプレス災害絶無を念願して建立したもので、当時の高梨労働省産業安全研究所所長からのメッセージが刻印されている。
幾多の方々がプレス災害により指を失ったことに対して、その不幸を悼み指塚が建立された。
今後プレス災害を絶無にするという大きな信念を抱き、この思想のもとに当社の活動が今もさまざまに展開しています。

「指塚建立の趣旨を理解し高徳の人格を培い積善の人となり、よくこれを 守り社会の進歩に貢献せんことを願う」とされている。

所在地 東京都浅草 善龍寺

指塚


平成24年3月26日 朝日新聞 夕刊「 ニッポン人・脈・記 」 に掲載されました(朝日新聞PDF)LinkIcon

指塚建立の趣旨と創業者のメッセージ
(画像をクリックすると拡大します )

高梨労働省産業安全研究所所長からの メッセージ
(画像をクリックすると拡大します )
福永健司労働大臣から寄贈された題字
(画像をクリックすると拡大します)